スポーツコーチングJapan

代表挨拶

MESSAGE

“指導者が学び、価値をあげる”

SCJでは、コーチディレクターという立場で様々なスポーツのコーチをしている人たちに向けたコーチング事業を主として活動している一般社団法人です。

スポーツというのは、選手がパフォーマンスを繰り広げ、試合によって勝敗が決まります。 しかし、私は選手を教えるコーチがどれだけ学びを得て成長するか、実はスポーツにとって大きな要素であると考えます。

ところが現代ではコーチ自身が学ぶことができる環境が少ないこと、指導者のノウハウが世に出回っていないので、おそらく多くのコーチが学びに飢えているのではないだろうかと常に感じていました。

私自身、早稲田大学のラグビー部の監督を務めていた頃、ほとんど指導経験が少ないまま就任して、どうしたらもっと良い指導ができるのだろうか、チームを勝利に導くことができるのだろうかと苦しんだ時期もありました。当時、そういった学びの機会やお互いに指摘しあえる仲間がいたらもっと良い指導ができたのではないだろうかと思っています。

スポーツ業界全体を見ると、指導者の学ぶ意欲があるのにも関わらずそうした環境がまだない。同時に学ぶ意欲がない、まだ気付いてもいない人もいることを考えた時に、日本にとって指導者の学びの場を作ることが大切であると考え設立に至りました。

“互いに支え合って成長していく”

SCJではスポーツ指導をされている方はもちろん現場の指導をしなくてはならない方、人を率いてビジネスを成功させたい方などスポーツ業界に限らず多くの方にSCJを活用していただきたいと思っております。

スポーツの枠を超えて、競技の枠を超えて多くの人が自分自身の学びを体感できる場所、選手が自分の体力やスキルを伸ばす気持ちのように、「この指導者には負けない」、「自分のチームを良くするために」といった気持ちを持って、指導者自身が学び、成長する場を作っていきたいと思っています。 

 学びを考えた時に、ある固定的な専門性の高いものを学ぶということも大切です。ただ、いろんな人と出会い、いろんな界隈を知り、いろんな気づきを得ることが根本的な学びのステップになります。いろんな人と交流するということも大きな価値を生み出す一歩なので、たくさんの人に参加してもらいたい。

“新たな挑戦を続ける”

SCJではスポーツ指導をされている方はもちろん現場の指導をしなくてはならない方、人を率いてビジネスを成功させたい方などスポーツ業界に限らず多くの方にSCJを活用していただきたいと思っております。スポーツの枠を超えて、競技の枠を超えて多くの人が自分自身の学びを体感できる場所、選手が自分の体力やスキルを伸ばす気持ちのように、「この指導者には負けない」、「自分のチームを良くするために」といった気持ちを持って、指導者自身が学び、成長する場を作っていきたいと思っています。

学びを考えた時に、ある固定的な専門性の高いものを学ぶということも大切です。ただ、いろんな人と出会い、いろんな界隈を知り、いろんな気づきを得ることが根本的な学びのステップになります。いろんな人と交流するということも大きな価値を生み出す一歩なので、たくさんの人に参加してもらいたい。

一般社団法人スポーツコーチングJapan代表理事

中竹 竜二