スポーツコーチングJapan

ニュース

NEWS

「日本バスケットボール協会公認B級指導者養成講習会」に弊社コーチディベロッパーセクションチーフマネージャーの今田圭太、チームディベロップセクションプログラムディレクター・村松圭子が登壇

7/12~16の日程で行われた「日本バスケットボール協会公認B級指導者養成講習会」において日本バスケットボール協会から依頼を受けたコーチディベロッパーセクションチーフマネージャー・今田圭太、チームディベロップセクションプログラムディレクター・村松圭子が講師を務めました。

講習会には育成年代の指導にあたるミニバスケットボールから高校・大学のコーチ、プロリーグであるWJBLやB・LEGUEのコーチまで幅広い層のコーチ58名が参加。

「コーチとしての学び」や「競技者中心の練習」というコーチとして必要な要素を学んでいけるように講習会を進めました。 その中で、「ゴール設定」の重要性を伝え、毎日ゴール設定、ゴールに対する振り返りを繰り返して行いました。 講習会を通じて受講者の方から「GOAL設定の大切さを実感した」「振り返りの重要性を学んだ」と言った声が多く聞かれ、とても充実した講習会となりました。

今回もまた、貴重な機会を与えていただき、ありがとうございました。

今田圭太

「今回は『GOAL設定』『競技者中心の練習』ということをテーマに講習会を進めました。

毎日、『GOAL設定』することによって、日々ゴール設定の質が上がり、『競技者中心の練習』に対する理解も進んでいき、受講者の皆さんの「コーチング」は明らかに変わりました。

みなさんが積極的に取り組んでくださったおかげでとても充実した講習会になりました。 今回もまたこのような機会を与えていただき、ありがとうございました」

村松圭子

「チームディベロップメントセッションでは強い組織づくりに欠かせない『関係性の重要性』をワークを通じて伝えました。

関係性というのは分かってはいるけど着手しにくいテーマ。リーダー自身が自覚的になり、各自が決めたアクションが今後どのようなインパクトを生み出すのか楽しみです」