スポーツコーチングJapan

ニュース

NEWS

「新たなスタンダードを作る組織マネジメント」開催!

5月18日。コロナにより世の中の常識が変わりつつある中で、私たちは、組織は、どう変われば良いのか。withコロナの時代に適応し、生き抜くために、リーダーとして考えるべきことはなんなのか。

いち早くリモート授業を導入しコロナ対策を先導する静岡聖光学院の星野明宏氏と、プレッシャーのかかる立場であらゆる状況に対し柔軟に対応していく早稲田大学ア式蹴球部監督の外池大亮氏をゲストに迎え、一般社団法人スポーツコーチングJapan理事の今田圭太進行のもと、セミナーが開催されました。

実は以前、2019年2月9日に行われた弊団体主催のイベント「SCJ Conference 2019」にもご出演いただいた両名。役職や状況が大きく変わったこともあり、まずは現在の活動状況について伺っていきました。 
その後、最重要キーワードである「主体性」について、お二人の活動事例や視点からお話しいただきました。 
また、今回は事前に質問を集めており、多くの質疑応答が実施され、Zoomウェビナーならではの受講者登壇も行われました。双方向型の活発な学びの場となりました。 
2年連続で登壇いただいた両名ですが、刻一刻と状況が変わる中でどう切り抜けてきたのかという具体的なお話はとても新鮮で面白く、星野し曰く「外池さんはまた来年違った気づきや経験が生まれていそう」とのこと。定期開催の重要性を説かれていました。笑

受講者からは「マネジメントしていく上で、俯瞰することの大切さを再認識できました」「仕込み、自主性、そして主体性。その配分やバランスの話が興味深かった」といった感想が寄せられ、満足度の高い時間となりました。 
コロナで厳しい状況の中、本セミナーが少しでも皆様のお役に立てたのであれば幸いです。皆でこの状況を乗り越え、来るwithコロナの時代を柔軟且つ主体的に乗り越えていきましょう! 
登壇者の皆様、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!