スポーツコーチングJapan

ニュース

NEWS

BBT「2020年度 組織論基礎」のラーニングアシスタントをSCJが担当!

すでに今季はスタートしておりますが、SCJの代表理事、中竹 竜二が教鞭を振るう、BBT大学「組織論基礎」のラーニングアシスタント(以下LA)をSCJのメンバーである古賀 正信・藤森 啓介・中村 亘が担当することになりました!

【組織論基礎について】

組織論基礎は「組織づくりについて、自分で考え、自分の哲学を構築するための基礎力を養い、汎用的なフレームワークを習得する」ことをゴールとし、インプットだけでなくアウトプットの要素もふんだんに散りばめられている講義です。

「唯一正しい解はない。だからこそ、リーダーはさまざまな組織力向上やチームビルディング、人材育成の理論を学び、最終的には自分なりの言葉で自分のメソッドを確立すること」を目指す上で、私たちSCJが発信しているスポーツコーチングのエッセンスを活用し、学生の皆様のサポートを行なっていきます!

【サポート内容】

具体的なサポートとしては、BBTの特徴である「AirCampus」上での学生のコメント(チャット)に対し、学びを深めるようなメッセージのやり取りを行い、オンライン学習ならではハードルを乗り越え、多くの学生が「組織論基礎」でのゴールを達成できるよう伴走することです。

LAという立場ではありますが、学生の皆様とともに、一緒に学び、一緒に成長し合う存在として、精一杯役割をまっとうしていきます。

【担当者の声】

中村 亘:「昨季に続き、2回目のチャレンジということで、このような機会をいただけたことを光栄に思います。組織論基礎の内容、そしてLAという業務それぞれに、我々が発信する『コーチング』のエッセンスが沢山散りばめられていることを強く感じます。実践の場としてアウトプットしつつ、学生の皆様がより良い学びとなるようにサポートしたいと思います。」

藤森 啓介:「今年度も組織論基礎のLAを担当する機会をいただけたことを嬉しく思います。この授業では多くのアウトプット機会があり、受講者同士でお互いを高めあいながら多くの学びがあります。LAとして皆さんの学びにつながるような環境づくりを意識し、意見やサポートをできるようにしていきます。私自身もこの授業を通じて成長や新たな学びがあることをとても楽しみにしています。」

古賀 正信:「学生の皆さんが組織づくりと真剣に向き合い、自分の頭で考え、アウトプットを通じて学びを深められるように、LAの立場から気づいたことをお伝えできればと思っています。そして、学生同士が互いに関わり合いながら成長できる環境づくりを支援させて頂きます。 私自身も学生の皆さんと共に学べることが本当に楽しみです!」