スポーツコーチングJapan

ニュース

NEWS

【コーチ必見!】目標達成の為に必要なコーチングポイント

今回は目標設定の為に必要なコーチングポイントについてのお話をしていきます!

コーチングポイントとは?

目標を設定した後その目標を達成するために意識するポイントのことです。
これが明確になっていないと何が起きてしまうのか、例えば100mの練習をする時に今日は100mを0.1秒縮めるという目標設定をして練習に臨んだとします。その時コーチングポイントが明確になっていないと選手が走っている姿を見て「早く走れ0.1秒短くするために早く走れ」という風に、コーチングではなく、応援、命令、祈りのような形になってしまいます。
そのためゴールを設定した後に必ずコーチングポイントは設定しなければいけません。

ではコーチングポイントを設定するときに大切なポイントってどういうところがあるのか、そういったことを今回はお話していきたいと思います。

そもそもコーチングポイントというのは何かと言うと先ほども述べたように、ゴールを達成するためにコーチがその練習で必要だと思うポイント、よく見るべきポイントになります。
これはどういうことかと言うとおそらくですが、コーチが練習中一番言葉として単語として発する言葉になるのではないかと思います。

先ほどは100mを例に挙げましたが今回はパスを例にしてお話していきます。
例えばラグビーボールでパスを遠くに投げたいという時に先ほど言ったみたいに「遠くに投げろ」と言ってるだけでは遠くに投げることはできません。そうではなく遠くに投げるために腕の振りを使いましょう。腕をしっかりと早く振りましょう。といったコーチングのポイントを設定した場合、練習中コーチはパスを遠くに投げるために「腕振って投げよう」という風にその腕を振ろうというコーチングポイントを一番選手に伝えるようになるイメージです。

そういったことがコーチングポイントの存在であり、コーチングポイントを設定することでより効率的に選手に習得してほしいスキルを習得させてあげれるようになるので、このコーチングポイントの設定というのは非常に大切です。

コーチングポイントを設定するときの注意点

①目標に対して関連しているコーチングポイントであるかどうか。
②コーチングポイントをMAX3つほどに絞り込む。

それぞれの詳しい内容については、こちらの【SCJ Channel】にてご説明しています。
気になった方は是非ご覧ください。